クラウドファンディングに問い合わせてみた。

クラウドファンディングといえば、「readyfor」なんですか?

いろいろサイトがるようです。

で、パラグライダー事業(モーターパラグライダーの遊覧飛行)をクラウドファンディングで出資してもらおうと、機材、モーター(エンジン)を2セット、経費で、もろもろ300万を計上して、問い合わせました。

すると、翌日電話があり、いろいろ説明を聞きました。

イメージと現実はかけ離れていました。

その人曰く、支援者はあらかじめ自分で探す

クラウドファンディングサイトに、支援者がアクセスして、支援してくれると思ってましたが、そうじゃないらしい。

大半の人は100万程度を出資してほしいと言われるそうで、

300万となると、最低100人の支援者を集めて、それから審査しますとのことでした。

「100人集められるのなら、自分たちでやる」と若干思いましたが、ぐっとこらえて聞きました。

いろいろ話を聞いていると、言い方とか、なんとなくあるところに似ている気がしました。

銀行

そう、彼らもまた当たり前のことを、平気で言って、できないなら無理だという・・・

手を貸してくれるんじゃないの??

どうやら違うみたい。

銀行で、忘れられないことを言われたことがある。

融資をお願いしたときの事、某信用金庫

「いいですか、融資は経営が軌道に乗り、事業拡大するときにお願いするんです」

「経営が安定してないのに、お金なんか誰も貸してくれませんよ」と言われた。

その時も、

「経営が安定してたら、余剰資金あるんだから、お前とこなんかに金借りにいかない」と思ううんだけど・・・

「なんで、高い金利払って、金を借りないかんのだ」

銀行は、なんの自信があって、こういう事を言うんだろうね。

で、クラウドファンディングも、運営会社には、なーーんのデメリットもない。

おいしいサービスを考えたものだ。

成立しなければ、全額返金、それはいい。

成立すると、手数料を取る、具体的な数値は言わなかったが30%くらいか?

ますます、おいしいサービスだ。

自分で支援者を集めさせといて、成立すれば、手数料を取る。

こんなおいしい話はない。

フランチャイズの本部みたいな話。

体の良い、詐欺みたいな話でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする