プログラマーデビュー

2度目の就職で、岐阜の株式会社 亀太に、

ここは商社で、いろんなところにいろんな物を販売していました。

私が就職したときは、コンピュータソフト開発部門があり、

従業員は社長と、先輩の二人のみ、

私は全くの素人として、就職しましたが、

小学生の頃からプログラムに興味を持っていたためか、すんなり業務に就けたと思います。

初めてのプログラムは、ヤン○ーディーゼルの合否判定プログラムでした。

社長と一緒に、ヒヤリングに同行し、会社に帰ってから、仕様を決めてプログラミングしてました。

この頃は、MS-DOS、DOS-BASICで、作成していました。

計測部分として、CONTEC社のA/D D/Aボードなどを使用していました。

また、GP-IBインターフェースを持った計測機器と接続して、計測ソフトを作ってました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする