プログラマーになる夢

中学生になり、プログラマーになる夢は、ますます大きくなりました。

その頃、世間では、ゲームコンテストが盛んに行われていて、

中村光一がエニックスが開催したゲームホビープログラムコンテストで、準優勝し50万を獲得し、

それを見て、「歌って踊れるプログラマー」と言っては、中村光一を目標にしました。

NEC PC-8801mk2というパソコンを購入し、

PC-8801mk2

ますます、コンピュータのプログラミングにのめりこみました。

pc-9801_l

PC-9801というパソコンを兄が購入し、しばらく野球のシミュレーションゲームをしていましたが、

突然、「飽きたお前にやる」と言って、一式を私にくれました。

今思うと、コンピュータにのめり込んでいる私を見て、兄がパソコンを買ってくれたのだと思います。

周辺機器が、またやたら高く、5インチFDディスク装置が、ほぼ本体と同価格していました。

高校に入り、物理部の部長になり(実質、パソコン部)、コンテストなどにも応募しました。

その頃の企業は太っ腹で、開発用コンピュータを無償提供し、コンテスト終了後も返却しなくて良いというものでした。

PC-6001mkIIというパソコンで、音声合成(しゃべる)機能を搭載していました。

300px-PC-6001mkII

コンテストの方は、全然駄目でしたが、文化祭で、コンピュータにしゃべらせて、デモをした記憶があります。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする